稲田眼鏡店★Optical Inada★BLOG

新潟県見附市の眼鏡店 ■HANDLING BRANDS: Vallet cord, "beik", Micedraw Tokyo, YUICHI TOYAMA, Seacret Remedy, Padma image, Stone-d, DJUAL, MASAHIRO MARUYAMA,Line Art CHARMANT, MENS MARK, SAY OH,STEADY,and more....

「new arrival 〜 YUICHI TOYAMA (USH) 〜」

USH期のボストン型コンビネーションフレーム、"Sean"をリサイズした新型。
レンズサイズが少し小さくなり、よりユニセックス向けに。
ユニセックス向けにリサイズしたというよりも、
正しくはヨーロッパ圏への需要に対応したのがこのシリーズ。

今期ヌーディーカラーと並びおすすめしているオールブラックカラー。
コンビネーションフレームで黒、かつマットブラックというのがとても新鮮です。

USH アッシュ YUICHI TOYAMA UFO-028S 新潟県 取扱い メガネ 眼鏡 サングラス 遠近両用 視力検査 セレクトショップ 見附市 長岡市 おしゃれな店 おすすめのめがね店
USH for "0"ptique / UFO-028S "Sean" - Made in Japan -

コンビというとメタルパーツはゴールド、またはシルバーの組み合わせのイメージが強い中、
メタルパーツもブラックで統一しているのがポイント。

USH アッシュ YUICHI TOYAMA UFO-028S 新潟県 取扱い メガネ 眼鏡 サングラス 遠近両用 視力検査 セレクトショップ 見附市 長岡市 おしゃれな店 おすすめのめがね店
USH for "0"ptique / UFO-028S "Sean" - Made in Japan -

やっぱり眼鏡は黒!という方はたくさんいらっしゃるのではないかと思うのですが、
なぜか分からないけど、最近イマイチお洒落感が足りないように思うんだよな。。
なんて感じることありませんか?

USH アッシュ YUICHI TOYAMA UFO-028S 新潟県 取扱い メガネ 眼鏡 サングラス 遠近両用 視力検査 セレクトショップ 見附市 長岡市 おしゃれな店 おすすめのめがね店
USH for "0"ptique / UFO-028S "Sean" - Made in Japan -

今、巷でお洒落だと思われる眼鏡というと、
やっぱりメタルフレームだったり、コンビネーションフレームです。
「クラシック」や「トラッド」などの言葉を使わずにその特徴を上げると、
「セル以外の異素材感」と「シャープ感」。

眼鏡は黒と決めている方々が感じ始めている前述の疑問は多くの場合ここに集約されます。
そう。
「黒い=黒ぶち眼鏡=セルフレーム」
と思っていませんか?

オールメタルの黒もアリだと思うのですが、
セルフレームから移行するにはちょっと線が細すぎる。
そこでオールブラックのコンビネーションです。
「黒ぶち眼鏡」の雰囲気を損なわず、かつトレンド感もしっかり出せますよ。

USH アッシュ YUICHI TOYAMA UFO-028S 新潟県 取扱い メガネ 眼鏡 サングラス 遠近両用 視力検査 セレクトショップ 見附市 長岡市 おしゃれな店 おすすめのめがね店
USH for "0"ptique / UFO-028S "Sean" - Made in Japan -

サイズの話に戻ります。
日本をはじめアジア圏では大きめのレンズサイズを好む傾向に比べ、
ヨーロッパ圏では小さめのレンズサイズが主流。
意外と思うかもしれませんが、
セルフレームをはじめとして日本でも良く見かけるような大きめの眼鏡を
オーバーサイズで掛けている人は欧米諸国ではあまりいないのが実状。
場所と場合によっては日本人以外のアジア圏の人々のほうが多いような状況も珍しくなくなった東京23区で
眼鏡を掛けている人達を観察してみるととても良くわかります。

稀に若い欧米の女性なんかがオーバーサイズで掛けていると思うとファッションが日本的だったり、
これはこれでジャポニズムだなと思う部分でもあるのですが、
今回のように小さめにリサイズされたフレームを掛けてみるとやっぱりしっくりきます。

オーバーサイズは魅せ方の選択肢の1つとしてアリだと思っています。
それでも適正なサイズ感を知るというのはやはり大切。
大きめで少し鼻に落として掛けるスタイルが一般的になり過ぎて、
適正な位置でフィッティングを試していただくと、
「こんなに上にあげて掛けるんですか?」
と驚かれることもあります。

別名儀でアパレルブランドも展開している"beik"のオフィスで、
カットソーを試着しているときにサイズに迷って、
居合わせた外国人スタッフのショーンに「どっちがいい?」と聞いたことがありました。
すると彼は小さい方のサイズのほうが良いと答えたんですね。
理由を尋ねると、
「そっちのほうが体のラインが奇麗に見えるから。」

アパレルの世界に身を置いていた時期もある自分にとっては
洋服だったり小物だったりを身につける楽しみ方の1つとして「着崩し」が存在する。
だからこそ、眼鏡がファッションの一部として認知されている現在としては当然、
この分野においてもある程度の「崩し」はあって良いものだと思っています。
ただし、やはり眼鏡は視力矯正器具としての存在が大前提。
崩してはいけない部分も勿論ある。
そこをしっかりと踏まえたうえでサイズ感だったり掛ける位置だったりを各々で選びながら
眼鏡を掛けることを楽しんでいただけるよう、
我々も技術者としての立場から柔軟にかつ真摯に眼鏡というものを伝えて行かなければ。
そんなふうに思っています。

簡単にフレームの紹介を、、と思っていたら濃い内容になってしまいました。。
本日はこのへんで。



Optical Inada 稲田眼鏡店
Director いなだ ひろ志


商品のお問い合わせ、フレーム修理のご相談等は、下記ホームページよりお問い合せください。
遠方からのご依頼も承ります。

新潟 長岡 三条 柏崎 めがね おしゃれ こだわりの 修理 見附市 稲田眼鏡店



新潟県見附市新町1-10-15
Optical Inada 稲田眼鏡店

Mail : info@optical-inada.jp

■HANDLING BRANDS
Vallet cord
"beik"
Micedraw Tokyo
YUICHI TOYAMA
ush
Seacret Remedy
Padma image
Stone-d
DJUAL
MASAHIROMARUYAMA
元 gen
atelier Omame
Line Art CHARMANT
MENS MARK
dirocca
AMIPARIS
RE:build
SAY-OH
"0"ptique
MUNIC EYEWEAR
STEADY
One/Three Compound Frame

and more....


新潟、長岡、柏崎、三条、上越、USH、YUICHI TOYAMA、 新潟県見附市 Optical inada 稲田眼鏡店 

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://opticalinada.blog.fc2.com/tb.php/788-71e60c53