稲田眼鏡店★Optical Inada★BLOG

新潟県見附市の眼鏡店 ■HANDLING BRANDS: Vallet cord, "beik", Micedraw Tokyo, YUICHI TOYAMA, Seacret Remedy, Padma image, Stone-d, DJUAL, MASAHIRO MARUYAMA,Line Art CHARMANT, MENS MARK, SAY OH,STEADY,and more....

ぐるぐるカーテンからのRocksからの眼鏡は壊れても直して使おうよ。の回。

昨日の
乃木坂46のぐるぐるカーテン、どうでした?
ハマりませんでした?
また見たくなったでしょうw

あの曲の次にこれを繋いだら怒られるんでしょうかね?
こういう流れの選曲、平気でやってましたけども。。

Primal scream - Rocks -



このリズム好きなんですよね。
そういえば、この前のスタジオでもドラムのタイラさんにこんなリズムを要求しましたね。。
そんな気分なのかもしれません。

眼鏡も洋服も頭の中に流れてるリズムも、
その時々で求めるものが違います。
今日は晴れていて気持ちいいからこんな感じ。。とかですね。

眼鏡というモノは、ファッションというもので捉えるならば、
ヘアスタイルと洋服のちょうど中間にあるような気がしています。

その人の顔になるものという部分ではヘアスタイルと同様。
でも細かなアレンジスタイルを除けば、ヘアスタイルを変えることよりも
容易にその雰囲気をチェンジすることができるもの。
すぐに着替えられる、その手軽さは洋服と同様です。

首から上が全く変わらない、
いつ会っても、いつ見ても全く同じ。
その一貫したスタイルのかっこよさもわかりますが、
そんなふうに、スタイルを柔軟に変えていける雰囲気を持った人は、
ほぼ例外なく刺激的で素敵な人が多いです。

最低2本持っておいていただくと、
気分や状況によって使い分けられる幅が広がることも然ることながら
もしものときのスペアがあるという意味で安心かなと思います。

あ。

古いものはどんどん捨てながら新しいものにコロコロ変えて行きなさい、
ということではないですよw

いいですか?

壊れたら捨てる。

ではありません。

どうか。

壊れたら直してできるだけ長く使ってあげてください。

本来、ふつーーーーに使っていれば、眼鏡なんてそうそう壊れるものではないです。

仮にどう足掻いても直せない、と判断したら。。。

ご相談ください。

直しましょうよ。

これはちょっと無理だろう。。。

と思って諦め9割レベルのダメージくらいだと、

案外直りますw

テンプルが折れ、
ブリッジ部分から左右に真っ二つに折れるという、
瀕死の重傷を負っても、
その都度オペを繰り返して、
10数年使い続けているサングラスがあるんですね。
未だ、このサングラス以上に自分にフィットするフレームに出会ったことはありません。
長い時間をかけて愛情を持って使ってきたモノは、
もはや自分の体の一部になるといっても大げさではありませんよ。

それでも直らないものは直らない。
それは仕方ありません。。
どうしてもだめだったら、フレームだけ新しいものに変えて、
せめてレンズは移植して使ってあげましょう。
多少制約は出てきますが、可能ですから。

捨てようかな。。

そう思ったらまずは、

ご相談くださいね。



それでは、良い日曜日を!


Optical Inada 稲田眼鏡店
Director 稲田 宏








スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://opticalinada.blog.fc2.com/tb.php/64-21928340