稲田眼鏡店★Optical Inada★BLOG

新潟県見附市の眼鏡店 ■HANDLING BRANDS: Vallet cord, "beik", Micedraw Tokyo, YUICHI TOYAMA, Seacret Remedy, Padma image, Stone-d, DJUAL, MASAHIRO MARUYAMA,Line Art CHARMANT, MENS MARK, SAY OH,STEADY,and more....

「box logo」

マイブームもあって、Supremeが気になる今日この頃。

Supremeと言えば、ボックスロゴ。
言わずと知れた赤背景に白抜きのアレです。
Stussyの手書きフォントなどもそうですけど、
90年代のカウンターカルチャーを語る上では、
こうしたロゴデザインはどうしたって切り離せないもの。

企業ロゴのパロディーものやダブルネーム。
それぞれの個性がロゴデザインに集約され、
そのデザインがイメージを大きく左右する。

まずロゴがカッコいいこと。
そのものを受け入れる為の最初のフィルターとして、
それぞれのロゴデザインを見ていたような気がします。
「ロゴがダサい奴らがカッコいいわけないよ。」
といった具合に。。

そんなストリートロゴデザインの代表格、
Supremeの20年分のボックスロゴが閲覧できるサイトが。
なんでもブランド創設20周年とかの企画の中の1つみたいなんですが、
これは見てて飽きませんな。

イラストレーター、フォトショプに最初に触れた10代後半の頃、
色んなブランドやバンドのロゴを参考に、
見よう見まねでオリジナルのロゴを作ることでソフトの使い方を覚えていった。

パソコン=インターネットではなかった時代。
ネットの情報量なんて今とは比べ物にならない程少なく、
ネットで調べものが当たり前の今とは勝手がまるで違った。
デザインの参考になるものと言えばCDのジャケットだったり、洋服のタグ、書籍類。
情報を得る為にはそれなりに体力もお金も必要でした。
そんなあの頃の自分にこれを見せたら何て言うんだろうか。。。

とにかく面白い企画ですね。
ブランドそのものに興味がなくても、
その膨大なデザインのバリエーションを眺めるだけでも楽しいかと。

よかったら覗いてみてください。

white-red.gif
white-red-paisley.gif
ape-5.gif
ape-14.gif
white-lv.gif
white-molodkin.gif
white-hirst.gif



http://kopbox.com/kopbox/aspx/archive.aspx

http://http://www.complex.com/style/2014/04/20-years-of-supreme-condensed-into-one-gif




Optical Inada 稲田眼鏡店
Director いなだ ひろ志

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://opticalinada.blog.fc2.com/tb.php/389-1a8f8bce