稲田眼鏡店★Optical Inada★BLOG

新潟県見附市の眼鏡店 ■HANDLING BRANDS: Vallet cord, "beik", Micedraw Tokyo, YUICHI TOYAMA, Seacret Remedy, Padma image, Stone-d, DJUAL, MASAHIRO MARUYAMA,Line Art CHARMANT, MENS MARK, SAY OH,STEADY,and more....

「どうやら白いソールが好きらしいです。〜SHURONサーモント修理〜」

こんにちは。

新潟県内は昨晩から大荒れの天候みたいですね。
寒い、風強い、雨、、、
気候の中でも割と最悪な組み合わせと言ってもいいでしょうね。

今日は久しぶりにDannerのマウンテンライトを履いて外に出ました。
自分にとって雨の日はこれかマーチンがしっくりきます。

避けられないその場所の気候、天候という部分から
身につけるものを選択するということは、
本来の意味としては、「こだわり」とは少し違いますが、
ゴール地点よりも先に、
これがなければ始まらないというスタート地点が明確であるという部分においては
意外と近いニュアンスなのかもしれません。

そういえば。

見た目や外側から固めていくことが普通だったりする中で、
内面から見つめた結果としての外側を持った大人のかっこよさに
改めて気付かされたことがありました。

少し遡りますが、
テンプル折れの修理でフレームをお預かりさせていただくことになった
F様というお客様のお話。
僕よりも歳も上ですし、人生経験も豊富な方ですので、
色々な土地の文化や歴史、気候や地形、食、たくさんの引き出しをお持ちで、
その1つ1つがとても面白かったのですが、
その中でも、自分の体とモノやファッションと名のつくものに対しての考え方、
そして生きることについて、
これまで自分が見て来た視点とは違う部分からそれらを捉えている点がとても興味深く、
素敵な方だなと素直に感じたわけです。

歳を重ねれば重ねるほど、自分の知らない別の世界や、
これまでの価値観をも覆されるかもしれない新しい知識を得ようとすることは、
とても勇気のいることだと思います。

意識せず、ごく自然にそれができるというのは、
少なからず、感性がニュートラルでないと難しいこと。

たまには、入りきったギアを意識的にニュートラルに戻してあげることも
必要なのかもしれませんね。


今回、お預かりしたF様のフレームはこちらでした。
SHURONのサーモント型フレーム。

眼鏡フレーム 修理 SHURON 長岡市 めがね

芯がねがシューティングされていない部分が折れてしまったので、
溶着+補強の修理をさせていただきました。

眼鏡フレーム 修理 SHURON 長岡市 めがね


眼鏡フレーム 修理 SHURON 三条市 めがね

珍しいのが、”巻きつる”だったこと。
そこはご本人のこだわりで、わざわざこの仕様で注文されたんだそうです。
耳の裏側までクルっと回るので、
フィットさせると装用時に落ちてくることが無いわけです。
その機能性から、元々はスポーツ時に装用する為に作られていました。
見た目も素敵ですね。
うちのRe:Buildでも何回かリリースしましたが、
”巻きつる”のフレームはどれもすぐに売れてしまったところを見ると、
最近は巷でも少しずつ人気が出て来ているようです。

眼鏡フレーム 修理 SHURON 見附市 めがね

良い感じに艶も戻りました。
お渡しした際に早速掛けていただいた時は嬉しかったですね。


セル、メタル問わず、
眼鏡フレーム修理のご相談、承りますので、
お気軽にお問い合わせください。

メール、またはコメントをいただけましたら
追ってご連絡させていただきます。

それでは本日はこのへんで。。


Optical Inada 稲田眼鏡店
Director 稲田 宏



新潟県見附市新町1-10-15
Optical Inada 稲田眼鏡店

Mail : info@optical-inada.jp

■HANDLING BRANDS
Vallet cord
"beik"
Micedraw Tokyo
ush
Seacret Remedy
Padma image
Stone-d
DJUAL
MASAHIROMARUYAMA
元 gen
atelier Omame
Line Art CHARMANT
MENS MARK
dirocca

and more....

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://opticalinada.blog.fc2.com/tb.php/162-7d45826f