FC2ブログ

Optical Inada 稲田眼鏡店★BLOG

新潟県見附市の眼鏡店 ■HANDLING BRANDS: Vallet cord, "beik", Micedraw Tokyo, YUICHI TOYAMA, Seacret Remedy, Padma image, Stone-d, DJUAL, MASAHIRO MARUYAMA,Line Art CHARMANT, MENS MARK, SAY OH,STEADY,and more....

「restock 〜 STEADY 〜」


王道クラシック路線を得意とするSTEADYより、
こちらも定番のセル巻コンビネーションフレーム、STD-07が再入荷。

セルフレームまで行かないまでも、
細いメタルフレームより少しだけめがね顔に存在感を持たせたい、
そんなイメージで探すならぴったりのモデル。

セル巻構造なので通常のメタルフレームよりも少し幅が稼げる分、
やや強めの度数でも比較的レンズの厚みを隠せます。

値上げが多い中、
STEDYの定番スタンダードコレクションはこれまで価格改定が無く、
初期から変わらぬ価格で続けているのも凄いところ。

もし同じスペックでニューモデルとしてリリースされたら、
1万円アップでもおかしくないかもしれません。。

そんなコストパフォーマンスの良さも魅力の1つです。
(あくまで現時点で。)


新潟県 お洒落なめがね屋 見附市 稲田眼鏡店
STEADY / STD-07  - Made in Japan -

STEADY  STD-07 ステディー クラシック トラッド めがね 新潟県のおしゃれな眼鏡屋さん 見附市 長岡市 三条市 メガネ店 ファッション
STEADY / STD-07  - Made in Japan -

STEADY  STD-07 ステディー クラシック トラッド めがね 新潟県のおしゃれな眼鏡屋さん 見附市 長岡市 三条市 メガネ店 ファッション
STEADY / STD-07  - Made in Japan -




Optical Inada 稲田眼鏡店
Director いなだ ひろ志


スポンサーサイト



「 黒?」


黒縁のめがね。
めがねと言えば黒。

そんな定番カラーの1つですが、
「めがね似合わないんだよね。」って思ってる人に限って、
真っ先に黒を選んで撃沈しているパターンが結構あるような気がします。

黒は定番でもあると同時に、
顔のイメージを一番変えてしまうのもまた黒です。

初めてめがねを選ぶ、または今までと違うデザインのフレームを選ぼうとなった時に、
線が一番はっきり出てしまう黒を選ぶと「あれ?」となることが多いはず。

そんな時はブラウンなどの肌色に近い色から試してみるといいでしょう。

めがねフレームは多くのカラーがあります。
同じブラウンでも限りなく黒に近いものだったり、
これだけでもかなり掛けた時の印象はかなり違うはずです。

ハーフカラーのフレームもまた同じく、
アンダーリムが薄い色味になることで強すぎない適度な主存在感になるのでおすすめ。

イメージしていた黒縁めがねの雰囲気。
しっくりくるのは実はこんなフレームなのかもしれません。


steady めがねフレーム クラシックでおしゃれな眼鏡 見附市のメガネ店
STEADY / STD-32 - Made in Japan -

steady めがねフレーム クラシックでおしゃれな眼鏡 見附市のメガネ店
STEADY / STD-32 - Made in Japan -

steady めがねフレーム クラシックでおしゃれな眼鏡 見附市のメガネ店
STEADY / STD-32 - Made in Japan -




Optical Inada 稲田眼鏡店
Director いなだ ひろ志

「 It’s my recommendation 」


ここ最近はやっぱり細めのメタルフレームか、
太めのフレームでもクリアカラーで透明感のあるコンビフレームを使うことが多かったのですが、
どちらもそこまで「めがねを掛けている」という感じではなく、
むしろめがねの存在を出来るだけ消すようなニュアンスで、
その日に掛けるめがねを選ぶ日が続きました。
暑いので少しでも目元を涼しく見せたい、無意識にそんな選択をしていたのかもしれません。

そんな日々が続くともっとめがねに存在感を持たせたくなってきます。
こんな気分な自分自身が、今選ぶならこの辺り。
STEADYの新型、 STD-71。

太からず細からずな丁度良いボリューム感と、
クラシックなテイストのめがねではテッパンとも言えるコンビネーションタイプのフレームで、
メタルフレームから掛け替えて使うにはベストなバランス。

通常のアセテートより耐久性が高く、
細くシャープなシェイプに加工することがでる新素材、
高密度アセテート仕様ならではのメリットを生かしたgoodデザインです。
テンプルエンドのループデザインも良いですよね。

レンズには薄いカラーを入れるのも良いかな、、なんて思っています。


見附市のおしゃれなお店
STEADY / STD-71 - Made in Japan -

長岡市のおしゃれな店
STEADY / STD-71 - Made in Japan -

新潟県の可愛いめがねを売っている店
STEADY / STD-71 - Made in Japan -




Optical Inada 稲田眼鏡店
Director いなだ ひろ志

「 new arrival 〜 STEADY 〜 」


これまでの純チタンテンプルからβチタンに変更された、
STEADYの新型が良い感じ。

高密度アセテートを使用したフロントも、
耐久性の高いこのマテリアルの特性を生かした、
細いリムデザインがスマートです。

この組み合わせ、全体の重量も非常に軽い。
個人的にも最近テストを兼ねて使用していますが、
実際にレンズを入れても嫌な重さを感じません。
コンビフレームでありながら、メタルフレームと同等の軽さに感じます。

程よいボリューム感があるルックスでこの軽さは、
普段使いのメガネとしても重宝するでしょう。

steady ステディー めがねフレーム クラシック 日本製眼鏡 新潟県 メガネ店 ハンドメイド 見附市
STEADY / STD-71 - Made in Japan -

steady ステディー めがねフレーム クラシック 日本製眼鏡 新潟県 メガネ店 ハンドメイド 見附市
STEADY / STD-71 - Made in Japan -

steady ステディー めがねフレーム クラシック 日本製眼鏡 新潟県 メガネ店 ハンドメイド 見附市
STEADY / STD-71 - Made in Japan -



Optical Inada 稲田眼鏡店
Director いなだ ひろ志


「 new arrival 〜 STEADY 〜 」



クラシカルな雰囲気が人気のSTEADY STD-63。
今回は前回入荷時には店頭に並ばなかった、newカラーを追加しております。

アクセサリーなどもシルバー、クリアが最近のトレンド。
メガネにおいても個人的におすすめしたいのがこれらのカラーです。

その2つのカラーをいい感じにミックスさせたのが今回ご紹介するnewカラー。

完全に直球なのは以前ご紹介したこのモデルですが、
"どクリア"はちょっとレベル高過ぎ。。と感じる方にもおすすめ出来るのが、
今回のSTD-63。

インナーリムのカラーは完全なるクリアではなくクリアグレー。
これだけでだいぶ印象がマイルドに。

シルバーの光沢感をアクセントに、
クリアグレーが全体のイメージを柔らかくします。
シャープでスタイリッシュなのに優しい表情を作れるところが、
トレンド感満載にもかかわらず掛ける人を選ばない万能性を持った
このモデルのいいところ。

騙されたと思って一度チャレンジしてみてください。


steady ステディー めがねフレーム クラシック 日本製眼鏡 新潟県 メガネ店 ハンドメイド 見附市
STEADY / STD-63  - Made in Japan -

steady ステディー めがねフレーム クラシック 日本製眼鏡 新潟県 メガネ店 ハンドメイド 見附市
STEADY / STD-63  - Made in Japan -



Optical Inada 稲田眼鏡店
Director いなだ ひろ志