FC2ブログ

Optical Inada 稲田眼鏡店★BLOG

新潟県見附市の眼鏡店 ■HANDLING BRANDS: Vallet cord, "beik", Micedraw Tokyo, YUICHI TOYAMA, Seacret Remedy, Padma image, Stone-d, DJUAL, MASAHIRO MARUYAMA,Line Art CHARMANT, MENS MARK, SAY OH,STEADY,and more....

「緊急事態宣言解除後の営業について。」


.平素よりご愛顧いただき誠にありがとうございます。

新潟県の緊急事態宣言解除が発表されましたが、
当店におきましては店内の消毒、換気、マスク着用での応対など、
適切な感染予防対策を引き続き徹底致します。
それに伴いましてご来店いただく皆様へも、
当面の間は下記につきまして引き続きお願い申し上げます。


■店内は基本的に1組のお客様に限らせていただきます。
ご予約のお客様を優先して応対させていただきますので、
ご来店の際は予めご連絡いただけますようお願い致します。

■大人数でのご来店はなるべくお控えいただけますようお願い致します。

■ご来店の際はマスクの着用をお願い致します。



ご面倒お掛けして申し訳ありませんが、
皆様のご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。




Optical Inada 稲田眼鏡店

TEL : 0258-62-0044

info2020.jpg



スポンサーサイト



「 時が経っても求められるもの。」


このモデルを知っている人、かなりマニアック。
そしてだいぶ以前から当店に通われている人ですね。

リブランド前のYUICHI TOYAMA.
つまり、USHの最初期モデル U-001R。
YUICHI TOYAMA.の歴史はここからスタートしました。

アーカイブとしての懐かしさは皆無で、
カラーなんかの雰囲気はむしろ新しさすら感じます。

昔、外山さん(YUICHI TOYAMA.デザイナー)が、
飲んでる席でこんなことを話していたのを思い出します。

「 "〜頃の昔のUSHのフレームがかっこ良くて探してるんだよね" って、
そんなふうに時が過ぎても時代を超えて誰かが求めてくれるものを作っていたいと思うんですよね。」

叶ってるじゃん、外山さん。


YUICHI TOYAMA アーカイブ USH アッシュ U-001R めがね サングラス 見附市 めがね店 Optical Inada 稲田眼鏡店
USH by YUICHI TOYAMA / U-001R - Made in Japan -

YUICHI TOYAMA アーカイブ USH アッシュ U-001R めがね サングラス 見附市 めがね店 Optical Inada 稲田眼鏡店
USH by YUICHI TOYAMA / U-001R - Made in Japan -

YUICHI TOYAMA アーカイブ USH アッシュ U-001R めがね サングラス 見附市 めがね店 Optical Inada 稲田眼鏡店
USH by YUICHI TOYAMA / U-001R - Made in Japan -

YUICHI TOYAMA アーカイブ USH アッシュ U-001R めがね サングラス 見附市 めがね店 Optical Inada 稲田眼鏡店
USH by YUICHI TOYAMA / U-001R - Made in Japan -



Optical Inada 稲田眼鏡店
Director いなだ ひろ志

Category : ush

「 spring like 」


春らしいカラー。

そして顔に乗せる白(マスク)との相性も良し。

シートステンのフロント枠をアセテートで挟み込んだYUICHI TOYAMA.の「confine」シリーズ。
クリアカラーのアセテートの中にメタル質のレンズシェイプが覗く、
セルフレームでもなくメタルフレームでもない、
独特な透明感のある雰囲気が人気のこのシリーズ。

βチタンテンプルの柔らかく快適な装用感とともに、
今のシーズンにぴったりな雰囲気。

YUICHI TOYAMA. U-106
YUICHI TOYAMA. / U-106 "Olivia" - Made in Japan -

YUICHI TOYAMA. U-106
YUICHI TOYAMA. / U-106 "Olivia" - Made in Japan -



Optical Inada 稲田眼鏡店
Director いなだ ひろ志

「 無題。」


某ビッグメゾンのサングラスをお持ち込みで度付き仕様に。

オプチカル仕様のフレームであれば特に問題もなくスムーズですが、
特に海外ブランドのサングラスのように大きめなレンズサイズのものは
度付きにしようとなるとレンズのレイアウトなど頭を悩ませる部分も出てきます。

それでも「これを掛けたい。」という意志を最大限尊重して。

レンズカラーもオリジナルに近い色味を出来るだけ再現すべく、
特注でお作りすることにしました。

こんな時だからこそ、
身につけるもので少しでもテンションを上げていただけるなら。

製作の過程では常にそれを使うお客様の姿を想像しながらモノに気持ちを込めるのですが、
この時期はいつもより笑顔でいるその姿を思い浮かべることが多いことに気付きます。


IMG_7431D.jpg


Optical Inada 稲田眼鏡店
Director いなだ ひろ志

「 ゴーグルに比べたら。。」


いつもならようやくシーズンアウトになるかならないか、そんな時期です。
言わずもがな散々なシーズンだったわけで、今年はとっくにシーズンアウトしているのですが、
時間を見つけてはギア類のメンテナンスとオフシーズン中の保管の準備です。

今日はスノーゴーグル。

コンディションによってはどうしようもないこともあるのですが、
とにかくレンズが曇るのが嫌でゴーグルそのものも含め色々とトライ&エラーを繰り返した結果、
ここ3シーズンほどは大きな不満も無く過ごせるようになりました。
雪上での滑走時は視界が生命線。
不満は無くなれど、急な天候の変化やどうしてもレンズの曇りが解消出来ない場合に対応できるように、
今でも常に2つのゴーグルを携帯します。

ちなみに、様々な要因が重なる為に解消が困難な雪山でのゴーグルの曇り問題に比べたら
日常のマスク装着時のメガネの曇り対策なんかはものすごく単純で簡単に感じます。

口鼻から上昇してくる蒸気を防ぐ為にノーズ部分を中心にマスクの隙間を極力作らないこと。

お客様でもメガネが曇っている人を見ると、まずここが疎かになっている場合が多いです。
ここをしっかり確認したらあとは曇り止めを使うだけ。

これで1日中マスクを着けていても曇りによるストレスはほぼ無く快適に過ごせますよ。


話は逸れましたが、ゴーグルの保管方法。
シーズン中の管理と大して違いはないのですが、
レンズを洗って汚れを落とした後は、しっかりと水気を取り、
シリカゲル(乾燥剤)を入れたジップロックの中に保管します。

どちらかと言えばシーズン中の使用後の扱いのほうが重要だったりしますので、
上記をシーズン通してしっかり続けることが大切ですね。

次は板の保管。
こっちは少し手間がかかるのでモチベーションを上げないとなかなか踏み出せません。。


IMG_7453D.jpg

IMG_7454D.jpg



Optical Inada 稲田眼鏡店
Director いなだ ひろ志